潤いのある美しい身体を保つために-健康寿命をのばそう-

こんにちは。

-medicalstyle-メディカルスタイル「セラピスト日記」を読んでいただきありがとうございます。

前回からの続きで今回も「水」のお話

体内の水は、赤ちゃんで約80%、成人で約60%、高齢者で約50%と年齢を重ねるにつれて、身体に占める割合が減っていきます。

細胞外液(血管の中を流れる水など)は高齢になってもそれほど減少しませんが、

細胞内液が徐々に少なくなっていくと言われています。

それは、年齢とともに水を多く貯蔵できる筋肉の細胞が減少し、水を維持しにくい脂肪細胞が相対的に増える為です。

筋肉細胞の水分量は約80%であるのに対し、脂肪細胞の水分量は約20%です。

潤いのある美しい身体を保つためには、筋肉が衰えて脂肪が増えないように、日々運動を続ける事が大切ですね。

歯磨き中のスクワット、テレビを見ながらの腹筋、車よりも自転車や歩きで・・・

まずは、出来る事からコツコツと隙間時間を利用して出来るといいですね。