運動以外でも消費エネルギーアップ

こんにちは

-medical style-メディカル・スタイル「セラピスト日記」を読んでいただきありがとうございます

今回は「運動以外で消費カロリーを増やす」お話です

総エネルギーの消費量は身体活動の消費に大きく左右されます。

身体活動は大きく分けて二つ

1つは運動によるもの、もう一つは掃除や洗濯・料理などの日常生活の身体活動です。

 

「近年では家事などの日常生活活動が多い人が、肥満になりにくい(太りにくい)という研究にも注目が集められています。太りやすい人は、太りにくい人とくらべて、歩行も含めた立位の活動が平均1日約150分少なかったという研究もあります引用:Newton やせる科学

 

座っている時間をなるべく短くして、立ち仕事や家事などに費やすでけでも太りにくくなると言う事ですね。

そう言われて周りを見ると、じっと休むことなくチョコチョコ動いている人は、痩せている方が多くないですか?

あなたの周りはどうでしょう。

 

身近な家事等で座っている時間を減らせる事は何かありますか?

まずは、日常生活を振り返って見てくださいね。

掃除なんかは家もキレイになるので一石二鳥で取り入れやすいかもしれません。

とは言っても休みたいときはしっかり休んでくっださいね。

ダラダラしない!メリハリをつけて休む!ことが大切です!

 

座る間もないぐらい動いているのに、体重が増えてる!と言う方は、別の事が原因かも

どうして太ってるのか・・・分からないかたはカウンセリングでご相談くださいね。