やせたいならばまず〇ろう!

こんにちは。

-medical style-「セラピスト日記」を読んでいただきありがとうございます。

暑い日々が続きますが、体調は大丈夫でしょうか?

夜も寝苦しくなってきていますが、いい睡眠はとれていますか?

今回は「睡眠」のお話です。

睡眠不足は健康を害するのはもちろん、「肥満」も招きます。

肥満を招く主な原因は、食欲を抑えるホルモン「レプチン」の分泌が減り、

食欲を高めるホルモン「グレリン」の分泌が増えるから、長時間起きていることに対し身体が栄養を摂るように促すのです。

また、睡眠中に修復されるはずの血管が放置され、老廃物がたまりやすくなり、さらに代謝活動を行う肝臓の休憩時間が短くなって疲れてしまいます。そして自律神経も乱れ脂肪燃焼力を下げてしまいます。

起きている(活動)方が脂肪が燃えそうな気がしますが、睡眠中は身体を休めやせる準備を行っているのです

睡眠中のやせる準備とは、身体の修復、リフレッシュを行う「成長ホルモン」が分泌されるのです。

そのホルモンは入眠後からおよそ3時間で分泌を終え、その後全身に行き届き働きを終えるまでにおよそ4時間必要を言われています。

その為、睡眠は7時間必要と言われるんですね。

米国の調査では「平均睡眠時間7~9時間の睡眠時間の人と比べて、肥満になる確率は4時間以下の人が73%、5時間の人は50%高い」と言う結果が出ているそうです。

皆さん、どうですか?睡眠時間はどのくらいですか?

寝る前のスマホやテレビで睡眠時間が短くなっているって方もいらっしゃるのでは・・・

やせたいのならまずは「ぐっすり眠りましょう!」

眠りたいけそんな時間取れないと言う方もいらっしゃると思います

そんな方は睡眠の質を考えてみましょう。

睡眠の質については次回に